和牛の販売奨励金と妖怪アマビエ

新型コロナ感染症が日本でも急増している中、これ以上の感染拡大を防ぎ、そして収束後のV字回復を図るために、あらゆる経済政策を動員する必要があるが、それでもやっても意味のない政策は控えるべきである。そして、やってはいけない政策というものもある。

やってはいけない政策の典型的なものが、農水省が発表した和牛への販売奨励金である。このブログでも繰り返しているように、感染症の拡大を防止するために経済活動が縮小するのは望ましいことなので、政策も経済活動を縮小しやすくする方向に働きかけるべきである。いまこの段階で、和牛でもなんでも需要を喚起しようというのは、感染症の拡大防止に逆効果であり、長期的には経済活動にもかえって悪い影響を与えてします。

やってはいけないというわけではないが、無駄だと思われる政策も多い。最近のものは、厚生労働者が若者向けに作ったという妖怪アマビエを使った外出自粛を呼びかける広告だ。これをみて外出を自粛しようと思うような若者がいるのだろうか?もし冗談でやっている政策ならただお金の無駄使いであるが、有効な政策だと本気で思っているとしたら、心配だ。アベノマスクに勝るとも劣らない(?)政策ではないか。

同じ厚労省でも、LINEと組んだ調査は優れていた。まだ検査されていない感染者はどれくらいいるのか、毎日増加している感染者の数はどこまで増えるのか、といった疑問にある程度答えてくれるからだ。不安を解消することにはならないかも知れないし、結果を見てかえって不安に思う人もいるかも知れないが、暗い見通しでもまったく情報がないよりは良い。3月31日から4月1日に行われた第一回調査では、約8000万人のLINE利用者のうち約2400万人が回答し、2万7000人が、37.5度以上の熱が4日以上続いていると答えたという。発熱があってもコロナウイルスに感染していることは限らないこと(発熱がなくてもコロナウイルスに感染していないとも限らないが)、サンプルバイアスなどを考慮に入れても、現在判明している5,000人程度の感染者よりもはるかに多い感染者が全国に散らばっていることは明らかだろう。

外出自粛の副作用

外出を控えることは感染拡大防止の必要条件である。しかし、それは経済活動が停滞するだけでなく、他の問題も引き起こす。政府の緊急経済対策にはこのような経済活動を縮小する時の副作用に対する対策が十分でないように思われる。

いちばんわかりやすいのは外出禁止令が出された世界中の都市で報道されているDV(Domestic Violence)の増加である。学校も休校になっていることから、子供たちも家にいることがおおくなり、最近日本で大きな問題になっている児童虐待がさらに深刻になる可能性もある。暴力・虐待に至らなくても、精神的な健康が害される例も増えてくるだろう。

政府の緊急経済対策では、このような副作用への対策が十分ではないように思える。「生活に困っている世帯や個人への支援」の中に「配偶者暴力の深刻化に対応するための相談体制の拡充」や「自殺リスクの高まりに対応するためのSNS相談事業等の拡充」というのがあり、「学校の臨時休業等を円滑に進めるための環境整備」の中では、子供の心のケアも謳ってはいるが、具体性に乏しい。

具体的な政策、たとえば暴力・虐待の被害者のためのシェルターを新たに準備するとかいったものがあるなら、それを明らかにして、広く知らしめる必要があるだろう。もし、まだ具体策がないなら、早急に用意すべきだろう。

東京都の休業要請

今日(4月10日)、東京都は娯楽施設や文化施設に対して休業を要請し、それに応じた事業者に50万円の「協力金」を支払うと発表した。このブログで論じてきたように、いま必要なのは経済活動をできるだけ縮小することだが、休業の社会的便益はその個人的便益よりも大きいので(別の言い方をすれば休業の個人的費用はその社会的費用よりも大きいので)政府が休業してくれる事業者に補助金を払うというのは、まともな政策である。本来は国全体の経済対策もこうあるべきであっただろう。

50万円という金額が適当かどうかは誰もわからない。理論的には、個人的費用と社会的費用の差額を補助するというのが最適になるのだが、実際の金額はわからない。ただし、50万円にどれくらいの事業者が反応するかは見ることができるので、この金額が十分かどうかはすぐにわかることになるだろう。

給付は5月中旬ということで、国の政策よりはスピード感があるが、もう少し早くできないかという疑問も残る。本当に休業したかどうかを確かめてから、とかいうことを考えているのだったら、それは考え直した方が良いだろう。実際に休業したかどうかということは後で確かめて、もし休業もしないのに協力金をもらうようなところが発覚すれば、その時に罰金付きで返却させるという方が良いのではないか?