新型コロナウイルス関連倒産

2020年8月4日

昨日NHKのニュースを見ていたら、新型コロナの影響による倒産が406社に上ったという報道があった。帝国データバンクの調査によるとのことだった。どの倒産をコロナ関連とみるかについては、判断が分かれる例もあるが、数だけを比べると、帝国データバンクの数字(8月3日現在406社)も東京商工リサーチの数字(8月3日現在385件)も大きく違わない。

この400件という数字は大きいのか小さいのか?400件もすでに倒産があるのかと思う人もいれば、これだけ経済状態が悪化しているのにまだ400件で済んでいるのかと思う人もいるだろう。日頃から倒産件数などに関心を持っている人達の多くは、半年で400件という数字は小さいと思う人が多いだろう。ここ数年、1年で8,000件以上の倒産があったからである。しかも、この8,000件というのも10年前、20年前に比べれば半分程度である。

帝国データバンクの2020年上半期の倒産集計を見ると、倒産件数は4,000件を切る状態で前年同期比で1.4%の減少になっている。また負債総額は6,317億円で前年同期比で15.9%減少、2000年以降最小を記録している。東京商工リサーチの2020年上半期の数字もほぼ同じような推移を示している。件数は4,001件と前年同期比で0.2%増加しているものの、負債総額は6,571億円で前年同期比で13.7%の減少になっている。

政府の経済対策が功を奏して破綻を防いでいるということだろうが、コロナ以前に比べても倒産が減っているというのは、経済の新陳代謝のプロセスが止まっているということであり、これをどのようにして正常化していくかが課題になってくるだろう。

新型コロナウイルス関連倒産」への1件のフィードバック

  1. マスコミ報道で、倒産が激増しているように思ってました。実態はそうではなかった!今は、まだ企業は持ちこたえていて、個人にしわ寄せが来ている、ということでしょうか。

    いいね

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。